資格が活かせるバス運転手の仕事

大手の路線バス会社の正社員なら定年まで安定収入を期待できる

大手の路線バスを扱う会社に正社員の運転手として就職をする場合は、定年まで安定収入を期待でき、リストラや大幅な収入減少などのリスクが低いといったメリットがあります。また、仕事を通じて大型二種免許を活かすこともでき、運転が好きな人や技術に自信がある人にとって魅力のある職業として注目されています。人材不足の路線バスの会社の中には、全ての採用者を対象に大型二種の免許の取得にかかる費用を援助したり、免許が取得できるまで一定の手当を用意したりしているところもあります。そのため、路線バスの運転手の仕事に興味がある場合には、就職活動を通じて採用後の研修がしっかりしているところや、社員の待遇が良いところを探すことが大切です。

高速バスの運転手なら様々な雇用形態を選ぶことができる

高速バスの運転手は、路線バスの運転手と異なり正社員の他に派遣社員や契約社員、アルバイトなど色々な雇用形態を選べるといった魅力があります。また、都市部の高速バスを運行する会社の中には、ブランクがある人やシニア世代の人を積極採用しているところも珍しくなく、資格を無駄にしたくない人にとって好ましい状況となっています。高速バスの運転手の待遇は、勤務先の業績や労働時間、走行距離などによりますが、雇用形態にかかわらず月に30万円以上の収入を得ることも可能です。その他、バスの運転手としてのキャリアが短い人は、大手の高速バスの運行会社を職場に選ぶことで、一定期間契約社員やアルバイトとして経験を積んだ後に正社員登用の試験にチャレンジすることもできます。