幼稚園や塾などの送迎バス

送迎バスは自分の都合の良い時間帯に働ける

バス運転手という仕事を次の転職先に決めても、様々な職種があるのでどの分野の求人に応募すればいいのかと、悩むこともありますよね。路線バスや観光バスなど、色んな職種がありますが、できるだけ夜間や深夜勤務を避けたいという希望条件があるなら、送迎バスの仕事に注目してみましょう。送迎バスは、幼稚園や塾をはじめ、病院や福祉施設、商業施設の利用客や従業員を目的地まで運ぶ仕事になります。送迎バスは夜間の時間帯で勤務する職場もありますが、朝や昼間、夕方の時間帯までの勤務が多いです。日中勤務の時間帯のみの職場を選べば、夜間の時間帯に運転することはないでしょう。決まった運行スケージュールに従って勤務できるため、残業の発生も比較的少ないです。

送迎バスはシニア世代に人気

広い範囲のエリアを走行する路線バスとは違って、送迎バス移動ルートが短く、そのうえ1回の運転時間も短いという特徴があります。そのため、長距離を運転する路線バスよりもカラダの負担も軽減されます。幼稚園や塾などの送迎バスであれば、園児や生徒が施設にいる間は空き時間もできます。空き時間が長いときは、一旦自宅に帰ることができたりと、プライベートの時間も作れます。そして、運行スケージュールの変更はあまりないため定時で帰宅することができ、ちゃんとした休みも取れます。ですから、生活リズムが変動することがなく、休日はゆっくりとカラダを休め、安全運転のための健康維持を保てます。 そういったことから、送迎バスはシニアの方にも業務がしやすく、定年後の再就職先としても人気のある仕事です。