目的地まで運んでくれる路線バス

路線バスの運転手の仕事内容とは?一日の流れをチェック

バス運転手に興味がある方は、街でよく見かける路線バスの運転手の仕事が気になっているという人も多いのではないですか?一体どんな仕事内容なのか、関心がある人は色々と気になりますよね。いつも時間通りに停留所に到着する路線バスは、お客さんを安全で快適に目的地まで届けるために、様々な取り組みがされています。まずバス運転手が出社後にすることは、バス車両の点検です。ヘッドライトや方向指示器の点灯に問題はないか、エンジンオイルに異常はないかなど、お客さんを安全に乗せるためにしっかりと確認します。

そして、アルコールチェックや健康状態の確認、行路表の確認後、担当するエリアの行路表に従い、安全運転で乗務します。乗務終了後、今日一日の運行状況の報告を行い、業務は終了となります。

路線バスの運転手の苦労する点、やりがいを感じる点

先輩の路線バスの運転手の方々は、仕事をするうえで苦労すること、楽しさややりがいを感じることとはどんな時なのでしょうか。いつも正確な時間に停留所まで来てくれる路線バスですが、道路の混み具合により、バスの到着が遅れることもあります。そんな時にお客さんからいきなり怒られてしまうこともあるでしょう。そういったことが度々あれば精神的なストレスも溜まるので、苦労を感じるでしょう。 それとは反対に、お子さんからお年寄りの方まで、乗車するお客さんから「ありがとう」という言葉をもらい、感謝されることも多いところが路線バスの仕事の魅力です。頻繁に乗車されるお客さんからねぎらいの言葉をもらったりと、こういった楽しさややりがいを感じられることもあれば、精神的なストレスがかかることがあっても、また頑張ろうと思えるでしょう。